FC2ブログ
講演
ボクは、年に2~10回程度、地元高校や商工会議所や官公庁などから依頼を受けて講演をしています。

正確に言うと、ボクが勤める会社に依頼があり、それでボクが話をしているということです。
ボク個人に依頼があるハナシではないので、私感はできるだけ排除して話すように心がけています。

依頼する側にそれぞれ目的というか狙いがあるので、その内容をきちんと理解することが重要です。

この間は地元高校の依頼で、仕事や職業観、企業がもとめる人材みたいなハナシをしてほしいとのことでした。

「マクドの店員デコのサービスが悪かったら、キミはどう思う?」
「マクドサービス悪いって言うよね。デコが悪いとは言わないよね。それが社会なんだよ」
みたいな一般的なことをハナシています。

唯一ボクの私感は、「人生を安定させるのは、いい会社に入る事ではなく自分の能力をつけること」というハナシだけです。

いい会社入る事と人生のゴールは明らかに違います。どんな会社でも安定ということはありません。
どんな状況になっても自分の能力で生きていく力をつけることが一番重要です。

例えば、ボクのチームの女性は先日「米国公認会計士(CPA)」の資格をとりました。ボクのチームからは二人目です。資格だけで食べていける訳ではありませんが、第二の勝間和代さんになってもらおうと応援しています。彼女は、資格をどのように利用するのかがよくわかっています。
たぶん、ウチの会社がどのようになっても平気でしょう。

「なぜ人事なのに、公認会計士の資格とるんですか?」こういう質問もあるでしょう。

「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことである」というアインシュタインの言葉が回答です。
トンボは飛ぶことを身につけるために、泳ぐというヤゴの能力を捨てました。
私達もそれと同じです。


いつも学生に最後に言います。

「死ぬときにもっとこうしたかった」なんて人生は辞めなさい。







スポンサーサイト
【2008/07/04 19:13】 | ビジネス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<勝利の女神 | ホーム | 採用活動>>
コメント
結構今の僕の身につまされる話です。僕は「今の会社の看板がなくなっても、僕個人にお客さんがついてきてもらえるような」営業マンになりたいと思ってますが、当然不安だらけです。
【2008/07/05 13:08】 URL | 音楽部長 #GxAO5jdM[ 編集] | page top↑
そうですね。
自分個人にお客さんがついてくる営業。

同時に、同じ会社の中にいるとしても
そう考えていかないと
(=自分を買っていただく)という
スタンスが基本にないと
モノやサービスを売ることは
難しいんじゃないかな~とも感じます。

そのためには、資格であり、わかりやすいノウハウであり、会社の看板じゃない武器が大切になってくるんでしょうね。
【2008/07/05 23:54】 URL | ダイヤモンド☆ヒロシ #pChZp3ac[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daytrippers.blog112.fc2.com/tb.php/77-7512ff44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |