FC2ブログ
ゲッツとレーザービーマーの効果
ゲッツとレーザービーマーが結成されて、初めての試合が昨日ありました。

やはりこの効果は十分ありました。

ダブルプレーをとる、外野からでもランナーをさすという意識が、今までの意識をしていないメンバーの中で芽生えています。

結果はでませんでしたが、プレーの随所でその考えが現れていました。

仕事もそうですが、こうしろと言って相手に説明するのではなく、このように相手に気づかせて理解をさせるのは非常に効果的です。しかも楽しみながら。

今後も盛り上げていきたいですね。

PS,昨日はほんとうに疲れました。今日はもう動けません。。。



スポンサーサイト
【2008/07/13 15:24】 | 感想 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ゲッツワッペン
ホソ君からもらった「ゲッツ」ワッペンを肩へ貼りました。

080709_170155.jpg


なかなかgoodです。

ボク個人としては、ゲッツーとる度に、帽子へつけていくようにしたかったです。
(マルハ大洋ホエールズ ★はホームランスターが正式名称)

おタカラ


【2008/07/09 17:30】 | 感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
勝利の女神
本日のセネターズ戦で7連敗がストップできました!

ホントうれしいですね。

原因はいろいろとあると思いますが、やはりDT史上初のマネージャー候補の方が応援にきてくれたからでしょう(間違いないね)

しかも、勝利を祈願してアイブラックス着用です。

ボクがあげてしまったんたんですが、パッケージを見て「このモデル黒人ばかりなんですね」という確信をついた質問がありました。

そうです。黒い人が黒いシールを貼っても効果はまったくないハズです。
つまり、アイブラックスの効果は、相手を威嚇することにあるんです。

アイブラックス1ケース購入した時点で家族は引いていますので、女性で確信を得た人は、おそらく始めてでしょう。

うれしいかぎりです。

080706_154824.jpg


アイブラックスを貼り付けた姿を見て、ボクは心配して思わず「お嫁さんにいけなくなるよ」って声かけてしましました。

これに懲りず、また遊びにきてください。

いい意味でみんなの動きもよかったと思います。ヘッドコーチとして。



PS,カンダ君のサードは本当にウマカッタです。
ガムをかんで守備してる姿は、まるでトム・オマリーみたいでした。

080706_173910.jpg







【2008/07/06 20:39】 | 感想 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
講演
ボクは、年に2~10回程度、地元高校や商工会議所や官公庁などから依頼を受けて講演をしています。

正確に言うと、ボクが勤める会社に依頼があり、それでボクが話をしているということです。
ボク個人に依頼があるハナシではないので、私感はできるだけ排除して話すように心がけています。

依頼する側にそれぞれ目的というか狙いがあるので、その内容をきちんと理解することが重要です。

この間は地元高校の依頼で、仕事や職業観、企業がもとめる人材みたいなハナシをしてほしいとのことでした。

「マクドの店員デコのサービスが悪かったら、キミはどう思う?」
「マクドサービス悪いって言うよね。デコが悪いとは言わないよね。それが社会なんだよ」
みたいな一般的なことをハナシています。

唯一ボクの私感は、「人生を安定させるのは、いい会社に入る事ではなく自分の能力をつけること」というハナシだけです。

いい会社入る事と人生のゴールは明らかに違います。どんな会社でも安定ということはありません。
どんな状況になっても自分の能力で生きていく力をつけることが一番重要です。

例えば、ボクのチームの女性は先日「米国公認会計士(CPA)」の資格をとりました。ボクのチームからは二人目です。資格だけで食べていける訳ではありませんが、第二の勝間和代さんになってもらおうと応援しています。彼女は、資格をどのように利用するのかがよくわかっています。
たぶん、ウチの会社がどのようになっても平気でしょう。

「なぜ人事なのに、公認会計士の資格とるんですか?」こういう質問もあるでしょう。

「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことである」というアインシュタインの言葉が回答です。
トンボは飛ぶことを身につけるために、泳ぐというヤゴの能力を捨てました。
私達もそれと同じです。


いつも学生に最後に言います。

「死ぬときにもっとこうしたかった」なんて人生は辞めなさい。







【2008/07/04 19:13】 | ビジネス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |