スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
今期終了!
最近、仕事が忙しくて更新がでていませんでした。

ついに今期終了しました。みんなと同じで「しばらくこのメンバーに合えないのがさみしい」というのが、今の気持ちです。

今期、おそらく最多参加の一人ではないかと思いますが、それは、この時間がとても楽しかったからです。

会社帰りに一杯でも、ストレスは発散できるのでしょうが、所詮職場のつながりでグチの言い合いになりそうです。
そこから前向きな話はできそうにないですね。

それよりは、好きな野球をしたいというメンバーと週末を過ごせる時間の方が、ボクにとっては大切な時間です。
そして同じ気持ちのメンバーが多く増えた事は非常にうれしい事です。

チームについて運営に対する意見が違う事もあるでしょう。でもDTの場合、いいチームにしようという大きな方向性が同じですから、それは話あいで解決できるチームです。次期幹部の方も、従来の幹部の方と同様に話あいという飲み会をしっかりとしてくださいね。きっとうまくイキマスヨ。

ボクは今期10勝させてもらいましたが、ボクが今期一番考えた事は、どれだけ試合に参加できるか?どれだけ早く球場へ到着できるかということです。
メンバー不足の大変さ・相手チームから人を借りることの気まずさ、この点は一番理解しているつもりです。

成績は、はっきり言って大した目標はありませんでした。
ヘッドコーチとして、上記の事を自らの行動で姿勢をあらわすことが唯一の目標でした。

でも来年はもう少しいい成績を残せるように、オフに体を鍛えたいですね。
さすがに高校までの経験者で打率272厘では、トレードされそうですからね。
それと来期は、もう少し理論的なアドバイスができればと思いますが、所詮草野球なので、ボクがあまりでしゃばらず、みんな自由なフォームで楽しくというのも悪くないと思います。

今シーズン終盤から、どうも肩とヒジがよくないので、今からしばらくは静養します。





スポンサーサイト
【2007/11/27 18:07】 | 感想 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
打撃
打率がついに268厘となってしまった。
う~ん、なんとか立て直さなければ!

こういう時は原点に戻らねばなりません。

高校の時、打撃は守備よりも得意でした。と言っても298厘ですので大した成績ではないのですが、それより今は下です。

高校の時は、ボクはチーム1.2の小柄でした。(当時のチームは平均身長が178CMの大型チームでした)
そこで、このように相手の配球を予測していました。
「コイツは長打力のなさそうな小柄なバッターなので、直球でしとめよう」と相手は考えているだろう。
そこで、ボクは直球だけに的をしぼり、ムリせず流し打つ。
これで、そこそこ打てていました。

しかし、今は経験者なので変化球で攻められることが多いのですが、実は、変化球は高校の時にバッティングマシンがなかったため、練習していなく苦手なんですね(これでよく準優勝を2回もしたもんです)

また、草野球はスピードが遅いので、どうしても引っ張ってしまうのですが、それもバッティングを狂わしています。
つい、長打を狙ってしまいます・・・

初心に戻らねば。

ちなみに、ボクがヒットを打った事があるプロ野球選手は、元ヤクルトの山本樹投手です(405試合 26勝37敗10S 防御率3.85http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E6%A8%B9#.E7.95.A5.E6.AD.B4) 。練習試合で対戦しました。当然ながら流し打ちのライト前ヒットです。左投手は当時は得意でした。

山本投手、あなたより格下の投手が打てずにごめんなさい。

練習しかっかりしておきます!






【2007/11/20 16:43】 | 感想 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
感動した言葉2
「成長の責任は自分にある」 P.F.ドラッカー

ナレッジワーカーを目指すボクとしては、偉大な師である
ドラッカーさんの言葉です。

成長に最大の責任をもつのは、本人であって組織ではない。
組織に期待をするのではなく、自分と組織の成長には何をすべきか、それは、常に自ら問いただしていかなければならない。


【2007/11/20 15:46】 | 感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ホテル
久しぶりの更新となってしました。
さて、今回もビジネスのお話です。ボクは年間50日ぐらいはビジネスホテルを利用しています。

みなさん、最近ビジネスホテルが増えている事に気がついていますか?

理由のひとつは、各企業が営業所などを統廃合した結果、出張で対応することが主流になっています。
もうひとつは観光客です。もちろん団塊の世代の退職後のレジャーもありますが、それよりインパクト大きいのが、韓国や中国を含む外国の方の訪日です。
円安がかなり進んでいるので、買い物が自国より安いからです。
う~ん、まるでバブル期の日本を思い出します。
ボクの友達の女の子も「バーゲンで香港へいくわ」等と言っていたことを思い出します。

当面はこの傾向は続くと思います。

反面大変なのが、ラブホテル業界です。
ビジネスホテルが日中の時間を、ラブホ同様に時間貸しをしたり、賃貸マンションの家賃の下落で、それなら借りたほうが安い(例えば岡山ですと3万円あれば1ルームは借りれます)また、ここでも最大の利用者である若者の減少ということで利用が減っています。
昔はラブホの利益率は40%以上と言われていましたが、今は大変なのでしょう。
売りにもよくでています。

海外へ目を向けると、やはり今の勝ち組は「マカオ」です。
人口僅か52万人の特別区に桁違いの高級ホテルオールスターズです。
ベネチアンマカオ3000室、シェラトン4000室等桁違いです。
フォーシーズンはすべてスイートルームの1000室と聞いています。
ちなみに東京都全体の年間建設予定は僅か900室です。
カジノの魅力と急増する中国人環境客がその担い手です。
マカオは、既にラスベガスを抜いて世界のカジノno1の売上げです。

ここでも日本は遅れをとっています。

先手を打って、24時間離発着可能な関西空港を生かして、そのそばの現在放置されている広大な土地へカジノ特別区を設置しておけば、日本がマカオのようになっていたと可能性があると思います。もちろん、ユニバーサルスタジオもそこへ設置し、ラスベガス並みのエンターテイメント都市をボクならつくります。
国際空港から時間のかかりすぎる東京ではカジノの成功はムリです。

というわけで、近頃のホテル事情について、出張で利用する機会が多いので少し考えてみました。

またまた野球ネタではなく、ゴメンなさい。



【2007/11/11 21:05】 | 感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。