FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
若者の海外離れ
j-cast ニュースで下記のような記事がありました。



「若者の海外離れ」10年間で35%近い「激減」

 法務省の出入国管理統計によると、2007年の海外旅行者(出国者数)は前年比1.4%減の1730万人。03年以来、4年ぶりに減少に転じた。しかし、旅行業界でもっと深刻に受け止めているのが若者の「海外旅行離れ」。同統計によると、20~29歳の海外旅行者数は1996年の463万人から、2006年には298万人にまで減少。10年間で35%近い「激減」で、若者の「海外離れ」が深刻になっているのである。

 日本旅行業協会(JATA)は2008年4月、海外旅行者を2010年までに2000万人にすることを目指す「ビジット・ワールド・キャンペーン(VWC)」推進室を4月1日に設置し、「海外旅行離れ」を食い止める取り組みを始めている。しかし、若者の「海外旅行離れ」を防ぐのには難しい事情もある。

 JTBは2008年3月、07年の海外旅行者数が前年を下回った原因の一つに、若年層の海外旅行者の減少があげられているとして、20代若者の旅行動向調査の結果を発表している。それによれば、最近近3年間で平均年1回以上観光目的の国内旅行に出かけている人は78.9%。過去3年間海外旅行に2~3回以上出かけた人は28%となっている。海外旅行をためらう理由として挙げられたのは、「休みが取れない」が39.2%で最も多く、「旅行はしたいがお金がない」が35.3%、「旅行よりもほかに使いたいものがある」が26.4%だった。

 JTBはこの結果について、

  「若者の絶対数が減ってきているというのもあるでしょう。行く人は行くけれども、行かない人もいるということ。また、以前とちがって、海外旅行の特別感が減っているというのはあると思います。いつでもいける、今じゃなくてもいいんじゃないか、ということで身近なところでレジャーを楽しむ人、国内旅行に行く人が増えているのかもしれません」 と分析する。

 しかし、1996年を境に20代若者の海外旅行者が減少し続けているのは事実で、「正規雇用者より年収が低い非正規雇用者が1990年後半から増加したことと関係が深いと考えられる」(同社)といった指摘もある。

  「彼らにとって海外旅行が魅力的でなくなってきているというのは原因のひとつとして考えられます。あとは、景気や雇用の問題ですね。非正規雇用の若者が増えてきているという事情もあり、お金がない、休みが取れない、となってくると当然余暇に使うお金が少なくなってくるのでしょう」


ボクは、これからの人たちは海外感覚を身につけなくてはならないと思っています。
今の日本企業で、過去最高の売上・利益と報道されていますが、多くの企業は国内売上ではなく海外売上が大きく慎重していることが大きな原因です。
つまり、高齢化・人口減の日本国内だけは、企業はどうにもならないことを意味しています。
だから、若いうちに海外への抵抗感をなし、親近感をもつ必要があると感じています。

ですので、上記のような記事を読むと複雑な気持ちです。

経済はグローバル化・ボーダレス化しています。
一つの例が、米国サブプライムの影響で、日本の銀行の融資姿勢が変化し、多くの企業や個人に影響がでています。日本の問題ではないのにですよ。

ボクの会社の後輩が言っていました。
「同年代で海外に行く人が少ないので、デコさん今度連れて行ってください」
ボクにできるのは、それくらいです。

今日は、取り留めのないハナシでした。。



スポンサーサイト
【2008/05/01 17:48】 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ボクの行った旅行先②シドニーパート3
最近は、とっても忙しく更新ができていませんでした。スミマセン。

本来なら、開幕4連勝の我がDTのハナシを書くべきですが、それはDTHPの書き込みで皆さんが書いていますので、旅行のハナシの続きにします。
(ヘッドコーチ解任??DTツアコン主任へ昇格??)

シドニーは電車網も発達しています。アクセスのよい場所へ泊まれば、公共機関だけで結構遊べます。
下の写真は、CITY RAILと呼ばれる2階建ての電車です。日本では見かけないデザインですね。
なかなかカッコいいです。
DSCF0062.jpg

おそらくヨーロッパ製だと思います。以前ミラノで乗った電車とそっくりでした。
バスや自動販売機などもそうですが、オセアニアは全般的にまだヨーロッパの影響が強いと思います。

次はダーリングハーバーです。
CITYの西側でチャイナタウンの近くにある、20年ほど前に再開発されたスポットです。
昔は薄暗いただの倉庫街だったと聞いています。
ボクが、初めて訪れた1991年頃はイケテルスポットでした。
今はジモトの人が夕涼みをしながら、食事やコンサートを楽しむスポットになっています。
DSCF0068.jpg

戦争記念館もあり、退役した軍艦なども停泊しています。
ボクたちが、忘れてはならないのは、第二次世界大戦では敵国だった過去です。
年に一度、オーストラリアでも退役軍人の日がありますが、そのような日は各地の戦争記念館へは訪れるべきではないと、当時の友達から教えてもらいました。
日本はシドニー湾を特殊潜航艇で攻撃をしたり、ダーウインを空爆したりした過去を、現地の人は強く印象づけています。
なぜなら、オーストラリア本土を直接攻撃したのは、オーストラリア建国以来日本だけだからです。

そんな過去があるにせよ多くのオージィは親日派です。また料理も海の幸を好むところから、日本人の口に合います。量以外は・・

ボクのオススメは、ROCKSにある「ワイルドファイヤー」という炭火焼のお店。
ここも海のそばにあります。
DSCF0037.jpg

お店のデザインもGOODです。円安のおかげで少し高いですが、一度は試すだけの価値はあります。
DSCF0038.jpg


ダーリングハーバーでのオススメは「ニックス」というシーフードレストランです。
結構老舗に入りますが、それだけジモトの人に満足されているのでしょう。

DSCF0073.jpg

オススメはシーフードプラッター。2人でも食べ切れません。これにガーリックトーストとワインで十分満足でしょう。オーストラリアのシーフードってホントおいしいですよ。
DSCF0078.jpg


シドニーから少し足を伸ばせば、世界遺産のブルーマウテンズがあります。
DSCF0101.jpg

なぜブルーかというと、ユーカリ林から発散される油で青く見えるからだそうです。
DSCF0108.jpg

これが伝説で3姉妹が岩になったと言われる「スリーシスターズ」。アテンションプリーズという上戸彩さんのドラマでの登場した場所です。見晴らしはサイコーです。

シドニーは、南半球一の大都市ですが、自然と共存ができている世界でも珍しい都市だと思います。
遊びというか余暇の過ごし方も、日本人は見習いたいところが多くあります。
例えばボクがいた約20年前は、首都キャンベラでも、スーパーなどのお店は大抵6時で終わり、最終バスも6時45分ぐらいでした。残業という認識は、米国企業や日本・韓国企業以外はまずありませんでした。価値観の違いといえば、その一言で終わりですが。

ボク個人としては、今でも住みたい街のNO1です。住みたいで終わりにせずに、現実にしたいと思います。




【2008/04/13 14:29】 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ボクが行った旅行先②シドニーパート2
さて、今日は珍しく2話更新です。

シドニー紹介 パート2です。

前回は少しマニア的な話でしたので、今回はベタな路線です。
これはこれでボクは好きなんですよ。

まずはシドニー湾を楽しみましょう。コレ基本。

ハーバーブリッジ

DSCF0012.jpg

年末の花火は、南半球随一で、この橋がナイアガラ状態になります。
これは、ぜひ一度みてもらいたいです。花火のオススメのポイントは船上です。
これはいいですよ。最近では、この橋を登るビリッジクライムも人気です。高所恐怖症のボクは絶対できませんけど。。。

橋を見ながらテラスで食事
DSCF0011.jpg

シドニーのいいところは、水際で多くのレストランが営業しています。海鮮は日本より美味だと思います。水が汚染されていないからでしょう。この桟橋でも、チヌやマゴチやシマアジなど簡単に釣れます。以前住んでいるときに、この先の桟橋で、ボクでも釣れましたから。
オイスターやシュリンプも有名です、白ワインとあわせれば相当にGOODです!
ちなみに、コレ真冬です。
少し寒いぐらいですが、お酒を飲めば丁度いいです。風もいい感じで、気持ちいいですよ。

夜景
DSCF0013.jpg

この店から撮影した夜景です。このように相当な都会ですが、自然と調和できていることろが、人をひきつける要素だと感じます。
ちなみに、シドニーは日本人が世界で3番目に多い都市です。
ですが、他民族国家なので、こちらへくればあまりナショナリティは感じないでしょう。

オススメのビューポイント
DSCF0027.jpg
DSCF0028.jpg

ここは旧天文台の跡の公園です。ボクのオススメビューポイントのひとつです。
ここの写真では、ハーバーブリッジ北側を見ています。日本人の多くが住むのは、この先の地域です。近所でサンドイッチなどを購入して、ここでボーと過ごすのがボクのお気に入りです。
よく見るとヨットが見えますが、ヨット保有率もかなり高いです。特にゴールドコーストでは、ヨットが停泊できる家がたさくんあり人気です。ブリスベン以北は、プール付の家も珍しくありません。
日本人より余暇の過ごし方は、上手なように感じます。

シドニー博物館
DSCF0036.jpg

ロックスといわれているシドニーで初めて開拓された箇所にたつ博物館です。
ロックスという言葉どおりで、岩だらけのところをイギリスから送られた犯罪者達を働かせ開拓したため、この名前がついています。
街の中心部ですが、この建物は古いたてものをリノベーションしていて、内部は近代的です。
この写真どおり、平日の昼間はリタイアした人ばかりです。この点は日本と同じですね。
ツアーでは、おそらくカットされると思いますが、このような博物館をめぐるのもなかなか面白ものです。

では、今回はこのありたりで。。。次回パート3へ続きます。






【2008/03/16 20:46】 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ボクが行った旅行先②シドニーパート1
今回はオーストラリアシドニー編です。

ボクは今から17年ほど前に留学で1年間オーストラリアへ滞在していました。
キャンベラという首都でしたが、ホリデー毎に長距離バスでシドニーへ行っていましたので、地下鉄やバスなどを含めて、よく知っていると自負しています。

このときシドニーへ滞在したのは、10日前後です。
シドニーに10日もいてナニすんの?と思われる人もいるかもしれませんが、それがボクの旅行の楽しみ方です。
ひとつのところをじっくりと見ることがすきなんですね。

ですので、滞在もホテルではなく「コンドミニアム」がほとんどです。
(写真はケアンズ滞在時のコンドミニアム)
2006_08092006年8月ケアンズ&エアーズロック0007

こんな感じでリビングと寝室が別の1LDKです。
2006_08092006年8月ケアンズ&エアーズロック0011

2006_08092006年8月ケアンズ&エアーズロック0012

洗濯機や乾燥機もあります。
2006_08092006年8月ケアンズ&エアーズロック0018

食器洗乾燥機や電子レンジ、食器もあるので自炊は当然可能です。
軽いもの食べたいときなんかいいですよ。
ホテルよりずっと快適です。疲れかたが違います。

ではどこへ行ったのか??

①パディントンのフリーマーケット
DSCF0001.jpg

パディントン周辺は昔からイタリア系移民が多く、安くておいしいイタリンレストランやカフェがあります。「何もオーストラリアまできて、フリマに行かなくても」という声もあるかも知れませんが、一度行ってみてください。まあ楽しいですよ。
日本ではないものが(ナニコレも多くありますが)たくさんあり、見ているだけ楽しいです。

中心部から少し離れているので、比較的低層の建物が並んでいます。
DSCF0005.jpg


ちなにみ、コレ現地の真冬です。(日本の夏)
シドニーはベストシーズンでなくても、十分快適ですよ。旅行費用も安くすむしね。


②ハンタ-バレー ワイナリーめぐり
オーストリアワインは、今や世界では安くておいしいと評判で、ここ数年の値上がりもハンパではありません。ということで、これは実際に確認しなくてはならないですよね。
というこで行ってきました。
DSCF0053.jpg

こんな感じです。郊外なので、空が高い~気持ちいい~です。
DSCF0056.jpg

ここで*貴腐ワインを初めて飲みました。これはウマイです。ほんとうに。
そこで1本2500円ほどで購入しましたが、帰国後日本の百貨店で5000円で売られていてビックリです。
ワイン講習も受けてましたので参考に。。。
*貴腐ワインは、”きふワイン”と読みます。貴腐ワインとは、名前の通り「高貴に腐る」ブドウから作られるワインです。 貴腐ワインとは、ブドウの表面に「ボトリティス・シネレア菌」という特殊な菌が付き、「貴腐現象」を起こしたブドウから造られます。
秋の天候が安定した年に、霧と共に運ばれたこの菌が完熟した房に付くと、ぶどうの果皮のロウ質が壊され、果汁の水分が蒸発して糖分が著しく濃縮されて行きます。この結果、糖度が40~60度にも上がり(通常は20度程度)、しなびた干しブドウ状の貴腐ブドウが誕生します。
しかし、貴腐化の途中で雨が続けば、真の腐敗に転落するリスクがあり、また干しブドウ状のため得られる果汁が極端に少なく、さらに糖度の高さから醸造にも高度な技術が必要とされ、どの蔵元でも生産できる物ではありません。
またこの条件が整っている産地は少なく、霧の発生しやすい川の流れが蛇行している沿岸が最適な場所とされています。


ワイナリーツアーは、1日で5件ほどめぐります。ランチつき。
テイスティングは、5杯+α/1ワイナリーです。25杯は最低でもワイン飲みます!!!
DSCF0054.jpg


オペラハウスやコアラもいいけど、こういう旅行もいいですよ。
(ボクだけ???)

シドニー編パート2へ続きます。。

【2008/03/07 18:11】 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ボクの行った旅行先①バリ島 パート1
今回は少しパターンをかえて旅行のハナシです。

ボクは仕事やプライベートで色々なところを訪問しています。
ハワイ、グアム、ロサンゼルス、シアトル、ラスベガス、フィリピンは仕事で訪れています。
プライベートでは、
ローマ、ミラノ、ベネチア、フレンチェ、バリ島、シドニー、キャンベラ、ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズ、アリススプリングス(ウルル) です。

せっかく、こんなに色々な行っているのですから、ボクなりの視点で、ハナシをしたいと思います。

彼女と二人で行くのはここ、また元気をだすにはここ、また癒されにいくにはここ等、それぞれのよさがありますので、そんなハナシもしたいと思います。

また、これらはツアーで行ったところはありません。個人手配ですべて対応していましたので、ツアーよりどの土地でも滞在期間は長いので、より濃いハナシもできるかもしれません。

前置きはこれくらいで、まず今回はインドネシア バリ島のハナシです。

バリは2回訪問しています。

世界が誇るリゾート地です。海と山(ウブド周辺)の2つの滞在地が別れ、目的に応じて使いわけた方がいいでしょう。

まずは、海側です。
世界が誇るリゾートホテルの多くは海側にあります。デンパサール国際空港にも近く、アクティブに遊ぶにはこちらがオススメ。

2004.8バリ島 064


このような断崖につくられたプールから、太平洋を見るとこんな感じです。
(場所はバリクリフ。ホテルとしてはイマイチですが、プールからの眺めはサイコーです。この写真ボクが撮影しています)
このようなところで過ごす時は、ボクは大量の本をもっていき、1週間読み続けます。
ボクにとっては贅沢な時間です。

DSCF0026.jpg


夜は、街へくりだしてもなかなか楽しいです。
観光客で一番多いのはオーストラリア人で、お店もそのような人をターゲットにしていて相当イケテマス。このお店は酸素バーでオーストラリアの女の子たちが、色々な酸素を吸っておおはしゃぎしていました。


2004.8バリ島 007


街(クタ)はこんな感じで、大きなビルも少しありますが、多くは2階建てのお店です。

以外かもしれませんが、インドネシアで多くの服が造られています。
例えば、ラルフローレンですが、海外用の輸出正規品と国内用のモノがあります。
どちら同じ工場でつくられているのですが、国内用の方が激安です。
パチモンというとそうではなく、国内だけで販売するのはいいそうです。
服だけはなく、靴やベルトなども同じだそうです。

ですので、百貨店で見かけた服や靴を見かけたらお買い得かもしれません。

くれくれもバッタもんには気をつけなければならないので注意が必要ですが。

2004.8バリ島 028


最近人気のバリの工芸品はどのようにして造られているの、興味があり工場を訪ねてみました。
こんな感じで手づくりです。
この工場では30名ほどが、地面へ座り坦々とつくっています。日本で購入するより、かなり安い値段を提示してきます。それでも、現地の通貨を考えれば相当な金額だとは思います。購入するときは、情に流されずしっかりと値引き交渉しなくてはイケマセンよ。

2004.8バリ島 032


山側も絶景ポイントはあります。
この写真は、キンタマーニ高原です。まるでヨーロッパのスイス山脈のような光景です。
南国もバリにもこのような景色があるので、足をのばしてみる価値は十分あります。
ただし、この周辺のもの売りは相当強引なので、十分注意が必要です。

2004.8バリ島 045


お寺めぐりもオススメです。
有名なタナロット寺院(これは恋人と行って下さい)以外でも、興味深い寺院が多くあります。

その際は、ガイドを雇いましょう。
より満足度が高まると思います。

2004.8バリ島 049


人なつっこい人たちで、きっと旅の楽しみが増えると思います。


次回は、エステや高級ホテルのハナシをしたいと思います。
もちろん、ボクもエステ体験していますし、いまやリピータとなってしました。

では、また次回。




【2008/03/02 11:33】 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。